catch-img

【Macユーザー向け】辞書登録でよく使う文・単語を早く入力するための方法とは

 会議の議事録、書類作成、メール作成などパソコンで文字を入力することは非常に多いと思います。

そこで、よく使う「お世話になっております」や「よろしくお願いします」などを始め、最初の数文字を入力すると、文字の候補を出してくれる設定があるのをご存知ですか?

非常に文字入力を効率化できますので、ぜひご活用ください。


【この記事の対象の方】

Macのパソコンを使っている方


【この記事を読んで得られること】

辞書登録で文字入力を効率化する方法


目次

 辞書登録とは

 辞書登録の手順

 登録しておきたい単語


辞書登録とは

 Macの中の辞書登録とは、すんなり変換できない単語や、よく使う単語(文)を最初の数文字入力すると候補を出してくれる機能です。

例えば、私は「よろ」と入力すると、「よろしくお願い申し上げます。」という候補を提示するように設定しています。

Mac 辞書登録 単語候補

この辞書に登録することで、メールの作成や文書の作成などが非常に楽になります。

設定方法も非常に簡単なので、下記を参考にしてください。


辞書登録の手順

 辞書登録の手順は以下の3STEPです。

1:ディスプレイの右上のツールバーの「単語登録ウィンドウ」をクリックする。

Mac 辞書登録 設定方法1

2:「ユーザー辞書を開く」をクリックする

Mac 辞書登録 設定方法2

3:+を押し、入力と変換の箇所にそれぞれ単語・文を登録する

Mac 辞書登録 設定方法3

これで完成です。登録すると五十音順で上から並びます。

登録しておきたい単語

登録におすすめな単語は、

・普段使う単語・文

・一度で変換できない人名漢字や固有名詞

です。

今回は、参考までに私が登録している普段使う単語・文の中でおすすめの物を5つご紹介します。

入力 変換
おせ お世話になっております。
ごか ご確認のほどよろしくお願いいたします。
よろ よろしくお願いします。
よろしくお願いいたします。
よろしくお願い申し上げます。
電話 090-????-????
住所 東京都〜〜〜〜〜


最後に

 今回は、Macでよく使う単語や変換が難しい単語を辞書登録して、文字入力を効率化する方法をご紹介しました。

日常的にパソコンを使う方は、文字入力することが非常に多いと思います。

そこで辞書登録を活用して、文字入力を効率化してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

少しでも役に立ったと思っていただけたら、周りの方にシェア・共有いただけますと幸いです。