catch-img

Macのスクリーンショット撮影方法と保存先フォルダの変更方法

 Macでは、スクリーンショットの撮影方法が4種類もあることをご存知ですか?

実は、スクリーンショットの用途に合わせて撮影することが可能です。

また、スクリーンショットを何枚も撮ると、デスクトップに写真が並んでしまいますが、これも保存先を変更する方法があります。

今回は、Macのスクリーンショットの撮影方法と保存先フォルダの変更方法をご紹介します。


目次

 Macのスクリーンショットの撮り方

  全画面

  選択箇所のみ

  指定ウィンドウ(影あり)

  指定ウィンドウ(影なし)

 スクリーンショットの保存先フォルダの変更方法


Macのスクリーンショットの撮り方

 Macでのスクリーンショットの撮影方法は全部で4種類あります。

全画面:「⌘」+「Shift」+「3」


選択箇所のみ:「⌘」+「Shift」+「4」


指定ウィンドウ(影あり):「⌘」+「Shift」+「4」+「スペース」


指定ウィンドウ(影なし):「⌘」+「Shift」+「4」+「スペース」+「option」


全画面

 全画面はその名の通り、画面上に写っているもの全てをスクリーンショットします。

Mac スクリーンショット 全画面


選択箇所のみ

 選択画面は、カーソルでスクリーンショットをする範囲を選択します。

範囲を選択した後でも、スペースを押しながらカーソルを動かすことで、選択した範囲を移動することも可能です。

Mac スクリーンショット 指定箇所


指定ウィンドウ(影あり)

 指定ウィンドウの撮影は、他のタブを写したくない場合や、該当のウィンドウのみ綺麗に撮影したい時に便利です。

コツとしては、「⌘」+「Shift」+「4」を押した後に、「スペース」を押すことです。

Mac スクリーンショット 指定ウィンドウ(影あり)


指定ウィンドウ(影なし)

 指定ウィンドウの撮影において、影をつけない場合は、ジョイきの指定ウィンドウの撮影に追加して「option」を押すことで撮影が可能です。

Mac スクリーンショット 指定ウィンドウ(影なし)


スクリーンショットの保存先フォルダの変更方法

 続いて、スクリーションショットの保存先フォルダの変更方法です。

デフォルトの設定だと、そのままデスクトップに保存されるようになっているかと思いますが、それを指定のフォルダ等にそのまま保存するように設定を行うことが可能です。


(1)スクショを保存するフォルダを作成して、任意の名前をつける

※フォルダの作成は、Macの上のメニューバーの「ファイル」をクリックし、「新規フォルダ」をクリックで作成可能


(2)Macの右上の「虫眼鏡」をクリックして、ターミナルと入力


(3)ターミナルに「defaults write com.apple.screencapture location ~/Desktop/〇〇」と入力

※〇〇は、(1)で作成したフォルダの名前


(4)(3)を入力した後、「enter」を押す


(5)ターミナルに「killall SystemUIServer」と入力


(6)(5)を入力した後、「enter」を押して完了

Mac スクリーンショット 保存先


最後に

 今回は、Macのスクリーンショットの撮影方法と、画像の保存先の変更方法をご紹介しました。

ぜひ、スクリーンショットを撮る際にご活用ください!